示談交渉

交通事故の場合には、事件性が無いと警察が判断した段階で、加害者と被害者の当事者間での示談交渉が始まります。この交渉に警察は不介入になります。被害者の立場から考えてみると、事故の怪我も治らないうちに加害者の代理人となる保険会社と交渉を行いますのでとても大きな心理的な負担になる事は明白です。

保険会社の担当者は被害者に弁護士が付いていく、素人の方だけで話し合いに応じている場合には、なるべく早いタイミングで示談に応じるように話を進めてきます。中には荒っぽい言葉で恫喝してきたり、こちらがわからないであろう専門用語を並べて、今すぐ示談に応じる方が得のように交渉してくる担当者もいます。

示談交渉が保険会社のペースで進む事で、被害者は正確な判断ができないままで、自分に不利な状況で示談してしまう可能性があります。しかし、弁護士が代理人となって交渉してもらえれば、保険会社の誤った指摘を正してくれますので、適正な慰謝料を請求することができますし、日々の生活での不便な事などの相談にも応じてくれます。

事故後の弁護士への相談は、早やければ早い程よいのは間違いありません。お忙しいという方は特に、事故後すぐにでも弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士の探し方